ハゲは治せます・生えない場合は全額返金保障


リアルな体験談A

「将来的なことを考えて」の説得力

16 ◇「将来的なことを考えて」の説得力


 「えー、リアップというのは、ミノキシジルっていう成分があるんですが、アメリカではロゲインっていう名前で売られていたんですが、……ただ……その……効果としては……そんなに生えてくるものではないです。もちろん、ウチのこれも(パンフレットを指して)ですが、その、生えない……」
 と、丸山さんは、はっきり言った。

 「まあ……抜け毛を防ぐのに、効果的かってことです」


 彼はパンフレットをめくり、段階的増毛方法と書かれたページを開いた。壁にでかでかと貼られているものと、まったく同じだ。
 そこには、いたいたしい若ハゲの頭部が真上から写されており、カツラの増毛法(おそらくマープ増毛法とやらだろう)により徐々に毛量が増えていく様子が示されている。酷いハゲが、8つの段階を経て、最後には立派なフサになっていく。
 じっと見ていると、なんとはなしに、「あはれ」な感情がわき起こる。まるで実験動物みたいだ。ああ、こうはなりたくはない……。


 「さて、今……ですね、例えばですよ、こういう人がですよ(増毛処置前の禿げ頭を指し、次に増毛によってかなり毛量の増えた頭部を指差した)こんなふうに生えてくるというのは、根本的にありえない。ありえない!」


−−そうなんでしょうねえ……。


 「というかね、この写真、私なんですけどね」


−−……え?





これが、噂のヘア・フォー・ライフなのか?ヘアコンタクトのパクリ(?)のヘア・フォー・ライフ?

 「これ、カツラなんですよ。こうするとわかる」 と、丸山さんは、ふさふさした前髪をあげる。あらわになったその額、前髪の生え際からは……なにやら薄い紙のようなものがはみでている。


 驚いた。この紙みたいなものに髪がくっついているようだ。
 おお、丸山さん、あんたカツラだったのか! 

< つづく >

url://www.mynewsjapan.com/kobetsu.jsp?sn=197より引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんか、すごい展開ですねぇ。最近の月9のドラマなんかより
先が読めないし ドキドキするし、つづきが気になる


トップ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。