ハゲは治せます・生えない場合は全額返金保障


毛髪の基礎知識

男性ホルモンを撃退するには・・・

脱毛と男性ホルモン

男性型(壮年性)脱毛症の原因としてよく挙げられるのが遺伝と男性ホルモンの影響。

遺伝に関しては、あのロゲイン(リアップ)にも「ハゲの家系でない人には効果がないかも」なんて書いてあるくらいだから関係があるのでしょうが、親がハゲていなくても、隔世や隔々世で出ることもあります。

で、育毛最大の敵「男性ホルモン」。男性ホルモンは第二次性徴が始まる思春期以降には胸毛やヒゲといった部分に対して強く発毛を促しますが、頭髪に関しては全く逆に作用します。

頭部の毛乳頭にある男性ホルモン受容体は他の部位の毛乳頭と異なり、男性ホルモンの刺激に対して「脱毛」の指示を送るのです。

同じ頭髪であっても、頭頂部や前頭部のようにハゲ易いところと、側頭部のようにそれほどでもないところがありますが、何故同じ男性ホルモンの刺激に、毛乳頭が場所ごとに違う反応をするのかは、

現在のところはっきり分かっていません。ロゲイン(リアップ)や経口育毛剤プロペシアの有効性は男性ホルモンの活性を抑制するところにあるそうです。
ttp://www.ikumou-d.com/kiso/kiso01.htmlより引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我々の最大の敵『男性ホルモン』。いらんとこに生えるくせに、欲しいとこが抜けるのは、こいつのせいです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。